訪問看護師の転職を応援するサイト

訪問看護師は、医療機関にとっては欠くことのできない大切な働き手になります。
ところが、一般的に、訪問看護師の待遇というのは特に良いとはいえません。訪問看護師は夜間の勤務があったり、休暇が少ないという辛いことがたくさんあって、給料だって、それほど多くはないのです。看護婦の仕事を辞める割合が高いのも、言わずもがなのことなのかもしれません。

最近では、ますます訪問看護師は不足気味です。

かつて訪問看護師資格を取得したけれど、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。

では、訪問看護師不足の原因はなんでしょう。
それは、結局のところ、訪問看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。
離職率がどのくらいかというと、常勤訪問看護師で11%以上です。
職場の大半を女性が占めており、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。

看護の学校を出て、初めて訪問看護師として働き始めた新人だったり、他の総合病院から転職してきた訪問看護師の場合、総合病院によりますが、残業代がきちんともらえないケースがあります。
賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、新人だということは何の言い訳にもならず労働基準法に反した行為です。
就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。訪問看護師は医療機関で就労していますから、勤務時間が多様です。常に、決まったお休みが取れないといった悩みがあります。訪問看護師という職業は医療機関にとって欠かせない存在ですが、働く側にしてみると残念ながら良いとは言えない勤務実態である場合が珍しくありません。

数年ほど、訪問看護師として働いているのですが、思ったことは、一般に訪問看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。

喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、訪問看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。
訪問看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。

近年、訪問看護師の医療行為が解禁されたことで訪問看護師にかかる負担が増え、労働時間も長くなりますから、休みも簡単には取れません。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、退職する人もいます。
日夜、訪問看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。ちなみに、それほど激務でもない診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいっても、総合病院にもよりますし、症状がどれくらの患者さんを受け入れる総合病院なのかにより、仕事の内容は全く変わってきます。転職情報サイトの看護roo!で利用できる訪問看護師だけのコミュニティサービスでも、先輩訪問看護師の助言や訪問看護師の旬な話題があれこれ読むことができるため、かなり人気になっています。訪問看護師が日頃から、疑問に思っていることや誰かに訊きたいと思っていること、それらの回答もコミュニティでわかるので、かなり参考になるはずです。
看護士を志望する動機は、実際に何がきっかけで訪問看護師になりたと考えたのかを加えると、印象が良くなります。

転職に関しての志望動機は、これまでに培った技術を活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、未来を明るくみせるようなものにしてください。

前の職場での出来事の不満はいわないように心掛けることが重要といえます。あと、結婚するときに転職しようとする訪問看護師も少なくありません。
配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方が良い選択でしょう。
いつか子育てをしたいと思っているならば、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をすると生活しやすいですね。
イライラが溜まっていると妊娠しづらくなるので、気をつけましょう。

実は、訪問看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。
実際に入院してみて訪問看護師を観察してみると、重病な患者が総合病院にいなければ、定められた時間に一定の作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。
重篤なクランケが入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。最近、話題のマイナビ訪問看護師は、、転職サイトで有名なマイナビの支店的サイトで、訪問看護師の転職を応援するサイトであるため、バツグンの知名度ですし、信頼度の点でもいうことはありません。

そのマイナビグループの強さで、全国の訪問看護師の求人情報をチェックできるのも見逃せません。
地方で転職先をお探しの方や地方への転職を検討中の人にも、役に立つ訪問看護師の転職専門サイトです。
なにはともあれ、訪問看護師は患者の命に関係する業務をしているため、すごく精神を酷使するのです。だけど、それでいて、高給とは言い難い報酬で仕事しています。
訪問看護師の業務への意欲をアップするためには、ぜひ、高給にしてほしいと思うのです。
訪問看護師として働いている男の給料はいくらくらいなのか、わかりますか。給料そのものは女性の訪問看護師と同じくらいです。
当然といえば当然ですが、両者の間で大幅な違いが出てしまうということはないのです。給与の実際の額は勤める総合病院などによっても多様となっていますが、その他の業種よりは高給です。
訪問看護師の中でも国家試験をパスした正訪問看護師になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須になります。それが試験の受験資格でもあります。

しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。

ですから看護学校の受験合格を目指した予備校に通って勉強する人もいます。准訪問看護師に限らず、働きながら正訪問看護師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。

実際の訪問看護師資格取得の難易度はどの程度だと思いますか?資格を取得するための訪問看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。
内容も専門学校や大学の講義をちゃんと学習していた人であれば十分に合格できるものですので、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。
訪問看護師として働く人は大半が女性なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。

それにプラスして、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。
お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。訪問看護師の勉強をするための学校には広く知られているとは思いますが、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。
対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。
訪問看護師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。なのですが、多忙を極める仕事です。

勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。
総合病院に行ってみるとどんどん患者さんがくるので、訪問看護師さんは常に忙しい様子です。
チャチャっとしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないとても大変な職種だと思います。

とはいえ、その代わり、中々、やりがいはあるだろうなぁと思います。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks