訪問看護師の職はハードワークだと言われます

大方の場合、訪問看護師の職はハードワークだと言われますが勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。二交代制の総合病院勤務の一例を挙げると、途中で休憩をとることはとるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。

長時間勤務がザラだということも一般的に、訪問看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。

シフト勤務で働く訪問看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。

注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、やはり、夜勤で働く訪問看護師よりも結果的に給料が減ることがあります。
例え年収が下がったとしても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。私が訪問看護師になった理由は中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、私は介護施設へ訪問しました。

その時、そこに勤務している訪問看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。

将来、仕事を選ぶとき、あんな職業をしたいと思ったことをきっかけに高校卒業後、看護学校を経て今は訪問看護師です。いやなこともありますが、訪問看護師になってよかったです。訪問看護師が転職しようとする理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。
女の人が多くいる仕事ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。
その時、パワハラやイジメが転職しようと考える発端となる人も少なくありません。
ひどい環境を我慢して働くと、健康を損ないますから、すぐにでも転職を考えましょう。訪問看護師の勤務内容は、一般に医者の診療を助けることから、入院している患者の毎日の世話まで広範囲にわたる勤務内容で勤務時間が長時間だったり夜勤がたくさんあったりという大変な仕事なのです。
体力勝負のきびしい仕事であるのに、それに見合う給料がもらえない事も不満の要因の一つとなっています。仕事場が医療現場であるだけに、訪問看護師の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、こうした生活が続くと常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。
解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、訪問看護師というハードな仕事を続けていくためには重要なキーポイントになり得ます。
看護専門学校へ3年間在学し、国家試験の受験資格を得られるのです。
このルートで免許取得を目指す人が一番多いです。

今現在、総合病院で行う実習が他の学校などよりも多いということもあり、就職した総合病院でも割と簡単に業務ができます。色々とある中で、訪問看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、つまるところ、訪問看護師として勤務していない時間があっても、再度、訪問看護師として雇ってもらえるということでしょう。
これはなぜかというと、訪問看護師が専門職であることに加え、人が足りていないことが大きな原因といえます。

どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合により五十代でも復帰できます。
実は同じ訪問看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。
たとえば正社員として働く訪問看護師は月給制です。でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。その時給ですが日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが大体の相場らしいです。単にパートの時給としてみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、訪問看護師として、人命にかかわる業務をこなし、かなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。

訪問看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。
そんな職場の人間関係がわかってくると少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。
訪問看護師は今も慢性的に人手が不足しています。

人手の不足を改善するには、現在、訪問看護師の資格を取得していながら今は看護の職業に就いていない人に、訪問看護師として仕事をしてもらうのが良いと考えます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が悪い部分を改めていくべきなのです。普通のサラリーマンやOLと違い、訪問看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。
規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの訪問看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。

出産し、子育てを始めるとなるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。

しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりもう一度訪問看護師として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。

あまり知られていませんが、訪問看護師で公務員になる方法があります。それは国公立総合病院や公立機関で働くという方法です。そもそも、訪問看護師は専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だということで注目されていますが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などはなによりも嬉しいメリットですよね。能力評価では、自分の訪問看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。近年ではだいぶ行なう総合病院が増えてきました。

個人ごとの能力を位置づけできるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った総合病院もたくさんあります。評価を行なうのは、毎月の総合病院や、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。
こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。
また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。
多くの訪問看護師は総合病院で働いていますが、総合病院といっても様々な科を併設した総合総合病院から町医者までかなり違いがあります。総合病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も訪問看護師の勤務先です。
一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、その点は訪問看護師にも同じことが言えます。
地域の診療所と総合総合病院とでは、やはり給料も変わってくるでしょう。こうしたことを踏まえても、訪問看護師として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。早くに退職する訪問看護師は割と多いです。女性がたくさんいるので、人間関係がこじれてしまうと、修復することが難しく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。
違う仕事と比べると訪問看護師ならいつでも再就職できるので、理想の労働条件とあまりにも違っているようなら、すぐに辞めて、よその医療機関に再就職を果たす人も多いでしょう。

ここ最近は人手が足りないこと、高齢者が増えたことによる総合病院に来る人が増えた影響で、以前に比べて、訪問看護師の負担が大きいのです。

忙しさを解決するため、人が足りなくなっている総合病院にゆとりがある別の総合病院から訪問看護師を回して、負担を減らしたり、素早い患者への対応を念頭に置いているのです。私の仕事は総合病院事務です。通常、訪問看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、皆さんいつも忙しそうです。
特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。
ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、自分の子供と一緒に参加している訪問看護師さんが少なくないんですよね。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。

昨今、総合病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、訪問看護師の不足が浮き彫りとなっています。
日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて勤務先によっては、急患にも対応する等、訪問看護師のほとんどが激務をこなしているのが実情です。男性訪問看護師も増えてきてはいますが、いまだに女性の方が多い職場なので、精神的に疲れてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう訪問看護師も多いというのも分からなくはない話です。
希望の総合病院や医療機関への転職を試みる訪問看護師にとって、重大なことがやはり、面談です。面談時によくされる質問としては以前の総合病院での仕事内容、退職した理由、就職したら、この総合病院で何をしたいか、看護観などです。

言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、考えを整理しておくことが必要になります。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks