訪問看護師の右に出る仕事はそうそう無い

やり甲斐という観点から見てみますと、訪問看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。

肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。それらを承知の上でなお、訪問看護師になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が見落としてしまった鎖骨の骨折を見つけて処置を施してくださったのはまだ若手の訪問看護師さんでした。
後になってから知ったのですが、すごくお若いのになんと訪問看護師長さんだったのです。
能力評価が正しくされた結果なのだと感じます。現実は、訪問看護師が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。

しかし、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。さっきまで愚痴っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから時々、訪問看護師は女優みたいだなと思うことがあります。
私がなぜ訪問看護師になりたいと思ったのかというと、中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、体験先の介護施設の訪問看護師の方に衝撃を受けたからです。将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となりそこから看護学校へ進み、訪問看護師になることが出来ました。

楽しいことばかりではありませんが、充実した日々を過ごしています。
仕事を探す時に、最初に思い浮かべるのがハローワークだと思います。

それもそのはず、ハローワークに行くと、求人の情報が多くあります。スタッフに求人相談したり、アドバイスを受けられるというメリットもあるのですが、好条件の求人情報は、あまりみつからないというマイナス面があることも知っておいたほうが良いでしょう。
訪問看護師の仕事内容は、一般的に医師の診察の補助から、入院中の患者さんの日常の世話役までとても幅広い仕事内容で長い労働時間であったり夜勤がたくさんあったりという厳しい仕事です。

体力のいる仕事であるにもかかわらず、それに釣り合ったお給料がもらえない事も大きな不満の原因です。

准看護師には悩みが多数あります。
准看護師という仕事はとてもたくさんの業務がありますし、対人関係にも疲れてしまうことが少なくありません。

高給であっても、それだけ、たくさん悩んでしまう職業ですから、退職をしていく方が多い職場もあります。訪問看護師の資格を取得するにはよく知られている、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。

学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。

そして、専門学校の利点は何でしょうか。

それは、学費が大学に比べて安いということと実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、訪問看護師に多いトラブルと言えば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。

夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。

転職し、環境の整った職場へ移るのも間違いではありません。病棟勤務の訪問看護師は総合病院によりますが、2交代制か3交代制でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そんな状態で夜間に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者から准看護師コールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。訪問看護師さんはハードワークですね。
くれぐれも過労死をしてしまわないように気にかけた方がいいでしょう。待遇に不満があるなら、別の総合病院への職場を変えることを考えてみてください。
長期の通院を必要とする病気になれば、思いっきり仕事をすることも厳しくなります。結局、自分の体は他の誰も守ってくれることはありません。

きついながら、やりがいも大きいのが訪問看護師というお仕事です。
どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後々わざわざ総合病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それと、患者さんの家族や関係者の人にとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。世間で言われているように、訪問看護師の仕事はかなり辛いものです。

ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと願い、悩んでしまうと思うのです。

転職情報誌で探す方法の良い点は、気ままに転職先を探せることでしょう。
コンビニなどで買えば、一人でのんびりと転職先を探すことができます。
しかし、正社員の求人もあることはありますが、非正規雇用といった雇用形態の求人が多数です。

さらに、雇用条件と職場の雰囲気が認識しづらいでしょう。

訪問看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が代表的です。

透析とか採血、献血といった限定された業務のみを行う科といえます。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。同じような作業の繰り返しで採血がうまくできるようになりますし、人の命を左右するような仕事もほとんどないです。

どの科でも採血を行う場合が多いので、どの科に替わっても助けになります。ひょっとすると、訪問看護師は医療ミスには関わっていない考える人がいるようです。
よく医師の手術の失敗をニュースで報じることがありますよね。

ただ、注射や点滴を間違えたりすることもあり、最もひどい場合、訴えられてしまうことも訪問看護師にも十分に想定される事態なのです。

他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが応募理由です。どういう訳でその勤務場を選んだのかを良い感触を抱かせるように言葉にするのは簡単ではありません。高収入、休暇が多いといった待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職の能力をさらに深めたい等、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。

訪問看護師の資格を得るための国家が実施する試験は、年に1回行われています。

訪問看護師が足らないことが問題視されている日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の訪問看護師の資格合格率は90%前後とえらく高い水準を維持しております。

訪問看護師の国家試験は、大学入学のような落第させるための試験ではなく、一定のラインをクリアすることができれば合格できちゃう試験です。看護士の求人はそこらじゅうにありますが、希望に添った形の求人があると言い切れないのが現状です。看護資格を持つ方で就職できればいいと考える方は少ないでしょう。
できることなら高賃金で職場環境も良く、夜勤がまわってこないところで働きたいと思っておられる方が多いものです。

希望に一番近いところに転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。高齢化社会が進み、福祉施設で訪問看護師の必要性というものは増加する一方です。ましてや大きな企業になると訪問看護師のいる医務室を完備していて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをしております。
このような事象では、社員として入社するということもないとはいえないでしょう。

訪問看護師になろうと思っていました。
でも、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。ですが、やはり訪問看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。

すると、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら訪問看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

訪問看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks