交代制による不規則な勤務形態

一般的に、訪問看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。やはり、女性が多い職場ともなると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも実は多いのです。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。

看護士の志望動機を述べるときは、実際に何が関係して訪問看護師になりたいと思ったのかを加えることで印象が良くなります。転職する際の志望動機は、今までの経験や培ったスキルを活かしたい、もっと人の役に立つような技術を習得したいなど、前向きな印象を与えるものにするべきです。

以前の職場で不満に思ったことや悪口はいわないようにすることが重要です。世の中訪問看護師への求人は多くありますが、希望とする条件に見合う求人が絶対にあるとは限りません。

訪問看護師資格を所持している方でとにかく就職さえできれば良いと思っている方は少ないでしょう。なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと考えておられる方が多いものです。望み通りのところに転職するには、情報収集こそが重要になってきます。

訪問看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、結局のところ、働いていない期間が長くあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。
理由として、訪問看護師が専門職だからということと現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は条件に合えば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。訪問看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事をとってきます、と他の勤務中の訪問看護師に伝えるための暗号として日常的に使用されています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。

昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかく今でも便利な言葉として、訪問看護師の皆さんに使われています。

殆どの総合病院において、訪問看護師が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。その原因として代表的なものは、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を訪問看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、休みを取るのも困難なのです。
また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に訪問看護師の職を離れる人も珍しくないのです。希望条件に合う総合病院や医療機関への転職を目指す訪問看護師にとって大事なのは面接といえます。面談時によくされる質問としては前の職場でしていた仕事のこと、辞めた理由、働くとしたら、この総合病院で何をしたいと思うか、看護観などです。これらの質問に、すぐに答えられるよう事前にまとめておく必要があります。
日本全国の訪問看護師の年収は平均して437万円ほどです。しかし、国立、私立、県立などの公立総合病院で働いている訪問看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。公務員訪問看護師は給与がよくなる率も民間総合病院と比較して高く、福利厚生もきちんとしています。準訪問看護師のケースだと、訪問看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。
訪問看護師という仕事に就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、過酷な労働環境だということも相まって、他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は訪問看護師の資格というものは、訪問看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。
考えられるのは病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。他の仕事と違い、訪問看護師が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児中であっても大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、訪問看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。マイナビ訪問看護師は、転職サイトでよく知られているマイナビの訪問看護師向けの転職サイトなので、知名度はもちろん、信頼性も心配することはありません。
なんといっても、マイナビグループですから、日本全国の求人情報が載っているので助かります。
情報収集しにくい地方に住んでおられる方の転職や地方への転職を検討中の人にも、重宝されている訪問看護師用転職サイトです。訪問看護師の業務内容には、どんな内容を含んでいるのでしょうか。朝のうちに、前日の夜勤の担当者から患者さんの様子を聞いて、引き継ぎを行います。
これは、夜勤から日勤の交代において絶対に行われる「申し送り」です。

それが済むと、入院中の患者さんのバイタルを測定して、必要であれば、清拭や入浴介助をします。

仕事を探すことになると、最初に思い浮かべるのがハローワークかもしれません。やはり、ハローワークでは求人の情報が多くあります。スタッフに求人相談したり、転職について助言をもらえる利点がある反面、好条件の求人が限られているというデメリットも覚えておくことが大切です。看護専門職が職場を移る根拠としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。

以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、不本意な評価をされかねません。要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を答えられるようにしておいてください。短期大学では、訪問看護師と保健師、助産師を受験するための資格を得られる教育課程があります。
大学だと看護の高度な知識を身につけられるので、専門知識を持つ訪問看護師を目指している方にはいいと思います。

専門や短大に比べて、大学の方が1年長い分、保健士の勉強もします。
世間から見ると、訪問看護師は比較的高給のイメージがあります。
もちろん、総合病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均して高水準を続けられることが分かっています。安定性といえば、訪問看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。高給が約束された安定した業種としては訪問看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。訪問看護師の転職しようとする動機としては、人間関係という人が大変多いです。女の人が多くいる仕事ですし、イライラが多くなりがちであり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。

その時、パワハラやイジメが転職しようと考える要因となる人もいます。

辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。
場合によって、訪問看護師でも非正規雇用でバイトやパートで働くこともあります。

そんな場合に、大切になってくるのが時給ではないでしょうか。

基本的に、パート、アルバイトの訪問看護師は正規雇用と比較して待遇面で劣っている事が多いですから、せめて時給を高くしてくれなければ労働意欲が下がります。

可能なら、高い時給が嬉しいですよね。訪問看護師に階級があるのをご存知ですか?階級のトップからいえば、各総合病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総訪問看護師長といわれる階級です。

階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。

階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。知人が入院している総合病院に病室に、見舞いに行ったのですが、訪問看護師が患者の対応に追われている姿を何度も見かけました。
患者の中には体が不自由なために、頻繁に准看護師コールをしなければならない人も多いのです。現場で働いている訪問看護師は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、いつも重労働ですね。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks