昔と変わらず訪問看護師として勤務している

友人は訪問看護師として総合病院に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のために訪問看護師を辞めました。

しかし、完治させた後は、現場に復帰して、昔と変わらず訪問看護師として勤務しているのです。
多少のブランクでも、資格があればそこまで苦労なく復帰できますね。

私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。

訪問看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、ツアー准看護師やイベント准看護師、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。

しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、その前に本業での訪問看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。

シフト勤務で働く訪問看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。

ですが、注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある訪問看護師と比較して給料の額が減ってしまうことが多いようです。
将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。

どうして准看護師は動く量が多いのでしょうか。
事務の仕事をしている人と比べてみると動き回っている時間が多くなります。

患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、准看護師コールでの呼び出しがあったら、一目散に総合病院に駆けつけるからです。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤をこなしていくことになります。

夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と訪問看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、大体いつも、日勤より多くなるようです。訪問看護師が転職をうまくするには、これからのことを考えて早めに行動することが必要です。
また、どのような点を重視するのかを決めておくべきでしょう。

今後どうなりたいかを明らかにして、その考えに合った転職先のデータを少しずつ取り寄せてください。

収入、職場の環境、勤務の形態など、自分にとって譲れない条件も心づもりをしておきましょう。

日本では、長寿化が加速し今は超高齢化社会になっています。
そんな状況下で、需要が高まる職業が訪問看護師と医師、介護士です。全て専門知識、専門技術が必要で、誰でもできる仕事ではありません。

この3つの職業人を増やすことについて政府は、もっと真剣に考えてもいい頃だと思います。

能力評価では、自分の訪問看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。

実行している総合病院がほとんどのようです。
訪問看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。
この評価は、総合病院により月一のこともあれば、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という総合病院もあります。

自分の能力評価を受け続けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。
専門職である訪問看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。
そうは言っても、頑張って訪問看護師資格を得ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。

違った職種でも、有利となる職場は多くあります。一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。
病気になって気落ちしていると不安を解消し支えてくれる訪問看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。

多くの覚える事やチェックを繰り返し、実は常に緊張状態という事もあるのです。
ですから、訪問看護師によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。

訪問看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
修学旅行やツアーなどに出席し、怪我や病気のその場での処置や現地での総合病院手配をする訪問看護師もいます。家庭をもって子供のいる人は週末は休暇を取ることができたり、夜勤の義務がない職場を最終的なゴールにしているものです。

総合病院以外で訪問看護師として働くには、その場にふさわしい専門の知識を習得している認定訪問看護師や専門訪問看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。当然ですが、総合病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、部署が違えば、訪問看護師として必要になる技術や処置の方法が変わってくるのです。

訪問看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。
また、いち訪問看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、モチベーションが上がります。
私の友達の訪問看護師が仕事をやめようかどうか迷っていると相談がありました。
彼女はこの間、結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、一緒にいられない生活が続いてるみたいです。

子育てもしたいし、でも、今の仕事は続けていきたいと考え込んでいました。
世間では、訪問看護師は白衣の天使という呼称があるほど、世間一般では良い印象を持たれていることが多いと言えます。
とは言え、訪問看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている訪問看護師というのも少なからず存在しているのです。
良い面だけを見るのではなく、訪問看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。訪問看護師が、別の医療機関に転職するにはまず、何をすべきでしょう。訪問看護師に限ったことではないですが、転職するかを考えるには、それぞれに理由があげられるでしょう。家族の転勤、妊娠や出産などによる望む勤務条件が変わったり、労働環境、職場の人間関係への不満など、悩みはつきないことと思います。そもそも訪問看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、求人が途切れるようなことはありません。
もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、少し念入りに求職活動を試みれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近頃ではインターネット上に訪問看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、会員登録して上手く活用しながら優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。訪問看護師というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、他職種と同じように、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。

ストライキを起こそうにも訪問看護師という仕事では難しいため、経営者サイドがしっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。
総合病院や医療施設などで訪問看護師が働く時、配属先は、とても大切なポイントです。

同じ医療施設でも割り当てられる診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。偶然にも、自分の望んでいた配属先なら困難に直面することはありませんが、得意ではないと感じている配属先だと勤務先に親しみを持てない事例も考えられます。訪問看護師は今も常に人手が不足していることが叫ばれています。
人手の不足をどうにかするには、現在、訪問看護師の資格を取得していながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、訪問看護師として仕事をしてもらうことが良いと感じます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、早急に、医療機関が直すべきところを改めていくことが重要です。
交代勤務を代表に訪問看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。

担当の患者の状態や処置についてを理解して、きちんと次の担当訪問看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。
それほど重要でない情報もあるとはいえ、患者の生死に関わる重要な情報については重い責任の仕事だと言えます。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks