訪問看護師の仕事を選択する

主な訪問看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、それぞれの訪問看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般的には課長の役職に近いと言えます。

いわゆる課長職でも、その年収は勤める企業の規模で全く違ってくるように、訪問看護師の収入も、勤めている総合病院の大きさで違ってくるのです。
または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立総合病院に勤めるケースでは、およそ750万円程度だと推測できます。

首都圏の求人情報に焦点を当てていることでよく名前を知られているのが、訪問看護師の転職ウェブサイトである看護roo!ではないでしょうか。取り扱っているお仕事情報の数もすごくバラエティに富んでおり、サイト訪問者は、情報量が豊富なので、喜んでいます。求人の数が豊富にあると、希望通りに転職できた人も数えきれないほどいるということになるでしょう。
訪問看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人件数も豊富ですが、それのみではなく一般に出されていない求人情報が多数あり、登録していると意外な好条件の転職先を紹介してもらえる機会があるかもしれません。
担当コンサルタントによる手厚い対応も特色としてあげられているようで、可能な限り細かなご要望にも対応してくれているようです。特に90年代の終わり頃でしょうか、訪問看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。

しかしながら、昨今、訪問看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入る専門職であることが、よく知られるようになっております。

その給料についてわかりやすい例を挙げると、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。要するに訪問看護師は給料の高い専門職だということです。

訪問看護師はチャレンジングな仕事だと多くの人がいいますどんな職業でも直接人と向かい合うことがなくなる傾向にあります。他方、訪問看護師は他人と深くかかわることができ、支えることができるという点でやってやろうと思う方が少なくないのかもしれません。資格取得の難しさですが、訪問看護師資格の場合はどれ程のものなのでしょう。受験生全体の訪問看護師国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。
試験そのものも、それまでの学校生活でちゃんと学習していた人であればそんなに難しい試験ではありませんので、そこまで取得が難関な資格という訳でもないようです。
私の友人の訪問看護師が長期にわたって職場の人間関係に悩まされていたのですが、結局、先月、退職してしまいました。このご時世、新人の訪問看護師を迎えるとしてもそれほど訪問看護師の仕事を希望する人が少ないとかで、総合病院側は対応を迫られているみたいです。
退職された後に、困ってしまうなら、もっと早く、そのような状況にならないように、もうちょっと訪問看護師の待遇に配慮すればいいのにと考えます。
どうしても、訪問看護師という職業においては好んで煙草を吸う人が少ない気がしますが、印象通り、平均的な禁煙率よりも、訪問看護師の喫煙率は少ないそうです。

医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している訪問看護師が少なくない様子が理解できると思います。

人口異常化が進んでいる日本で注目され続けているのが医療機関の労働力の不足です。社会的媒体でも深刻な問題として取り上げられることがとても多くなっています。訪問看護師に憧れて、難関の国家資格を手にすることができたのに、退職してしまう人が、後を絶ちません。

理由として、就職する前に考えていたこととの差が大きく違うというのがあるのでしょう。
全国で働く訪問看護師の年収は平均すると437万円ぐらいです。しかし、国立、市立、県立などの公立総合病院で働いている訪問看護師は、公務員として働いているため、年収の平均は593万円ほどです。公務員訪問看護師は給料の上がる割合も民間総合病院よりも高く、福利厚生にも恵まれています。
準訪問看護師となると、訪問看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。

ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる訪問看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復した患者さんが退院していき、その上、わざわざ改めて、総合病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。
そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、大変に感動したりします。
夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある訪問看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、辞めてしまおうと考えてしまうはずです。
新卒、もしくは、既卒の方が訪問看護師の働き口を探してみても上手くいかないという人は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。一般的に、求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には総合病院側が何歳以下だけを採用するとあらかじめ決めている場合もあります。中でも30代から訪問看護師を始めた、という方の場合は厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。
准看護師が仕事を変えるキッカケとしては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、不満を転職理由にしてしまったら、それだけで評価を下げることになりかねません。

実態としてはその通りだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を表明してください。訪問看護師の仕事を選択する、とても現実的な理由として収入が高いという点があります。
働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。

しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。自分が求める些細な条件まできめ細かに整理して、また、転職サイト選びをしてください。そうすることによって、自ずと自分が求めていた転職先が紹介されているかどうか、見えてくるようになるのです。
総合病院にもよるのですが、訪問看護師がもらえる報酬は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。
責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。
どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な訪問看護師の給料額は、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。
ハードさで知られる訪問看護師の仕事です。
そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。

二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。
訪問看護師というのは、大変なことも多い職業ですが、一生働きやすい仕事であるとも思われています。妊娠により一回休みを取ったとしても、復職しやすい職業です。高度な専門性が産休後に復復職がしやすいことに関わっているといえるでしょう。

とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職の割合が高い職業です。

訪問看護師からしてみればお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは困難な問題といえます。どんなに総合病院で仕事をしたいと思っても、育児をやりながら、訪問看護師の職責を果たすというのは、様々な困難が出てきてしまいます。
育児と訪問看護師の両立は個人の問題としてではなく結局は、医療全般の問題として試していく必要がある思います。
訪問看護師として働く人は大半が女性なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、離職率が高めの仕事であると言えます。加えて、勤務する時間が不規則だったり、労働環境の大変さによって離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks