望んでいない配属になった

初めての総合病院で新人の訪問看護師として働こうとする時に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという総合病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。
昨今、総合病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、注目されているのが、医師や訪問看護師が不足しているという問題です。
日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら時には急患にも対応しなければならず、多数の訪問看護師はものすごい激務に追われているのです。男性が訪問看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている訪問看護師も多くいるということは頷けます。近年、日本においては経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る来日した人々を外国人訪問看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。
とは言え、日本語を使った訪問看護師国家試験にもし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。

総合病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、訪問看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。訪問看護師として勤務していくうちにやはり辞職を考えることも少なくないでしょう。

仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、訪問看護師として働き続けたいと実感することも多々あるのです。
先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。訪問看護師という職業は、男性であってもなれるか、調べてみました。

もちろん、女性の訪問看護師が大半であるものの、男の人の訪問看護師も働いています。
男性患者だと、女性の訪問看護師に世話をやってもらうのが照れくさいと思うこともあるでしょう。

そのような時、訪問看護師に男の方がいたら非常に喜ばれます。

修学旅行やツアーといったものに同行し、病気や怪我などの応急処置や総合病院への手配をしてくれる訪問看護師もいます。

既婚者で子供のいる人は週二日の休みがあったり、夜勤がないという勤め先を望んでいるものです。

総合病院以外の勤務地で働くには、その場にもっとも適した専門知識を身につけ使いこなすことの出来る認定訪問看護師や専門訪問看護師資格があると、雇われやすくなります。どんな仕事でも、業界用語があるものです。仕事をスムーズに進めるためとかの訳である業界でしか通じない言葉が発展しています。
同じように、看護をする人でも業界用語が利用されています。

例えば、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、いっぱいある業界用語を使うのです。公務員と訪問看護師を両立する方法は、勤務先を国公立の総合病院にすることです。

もともと、訪問看護師という職業が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から希望者が多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればもっと安定性が高まりますよね。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。訪問看護師の資格を得るための国による試験は、年に1回実施しています。訪問看護師不足を問題視している日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の訪問看護師資格の合格率が90%前後とえらく高い水準を維持しております。

訪問看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験じゃなく、一定のラインをクリアすれば合格する試験です。正職員やパート、派遣といったように、訪問看護師の働き方も色々ではありますが、結局、大多数の訪問看護師は総合病院で働いております。
ですが実のところ、総合病院という職場以外の場所においても、いくつも訪問看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く訪問看護師は実際とても多いのです。

必ずしも総合病院でなくとも働く場所も多いですから、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。訪問看護師という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。
その結果かどうかは不明ですが、着飾った人が多く見受けられます。

そうはいっても、訪問看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。ほとんど休めない様な総合病院もあって、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。

給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのがベストな形だと思います。
訪問看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、答えは簡単です。

経験を積む、これだけです。
事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。
訪問看護師の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。

様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って訪問看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。

少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。ですから、現時点で訪問看護師不足の状態なのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。年々多くの訪問看護師が輩出されているのに、なぜ訪問看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も起因しています。

訪問看護師が転職を成功するためには、今後のことを考えて早期に行動を開始しておくことが大切です。

さらに、何が重要かを決定的にしておいた方がいいでしょう。
将来どうしたいのかを明白にして、その将来設計に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も想定しておきましょう。

よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

過去の仕事場の人とうまくいかなかったからとか、不利な条件で働いていた等々、否定的な事由だったりすると、相手側の心証を悪くしてしまいます。実態としてはその通りだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、建設的にキャリアを積もうとしているということを告げるようにして下さい。
働く時間を、自分である程度調整でき、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選べたりもする、等々が訪問看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて求職してみても良いのではないでしょうか。
職場に勤めている訪問看護師は、数万人いますが、それと比べて、資格を有していながらも、就職していない人が五十万人以上いると予測されています。
四万人の准看護師が足りていないと推測されているため、その50万人の中のほんのわずかな人でも職に就くことができれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。

看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには記載されていないケースも数多くあります。

一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、非公開案件の転職情報を閲覧できるだけでなく、求人元を「気風」という点からも検討できます。こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。
修学旅行や一般向け旅行企画に同行し、体調を崩した方や怪我、病気の処置や総合病院の手配をする訪問看護師もいます。

結婚して子供を育てている人は土日は休暇であったり、夜勤の義務がない職場を理想としているものです。
総合病院以外の場所で務めるには、それぞれの場所に適した専門知識をマスターしている認定訪問看護師や専門訪問看護師の資格を取得しておけば、採用されやすくなります。
看護専門学校へ3年間在学し、国家試験の受験資格を獲得できるのです。

このやり方で免許を取得しようとする人が一番数が多いでしょう。実際、総合病院で行われている実習が他に比べると多いということもあって、就職後にもスムーズに業務を行うことができます。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks