厳しい労働環境

もはや日本は超高齢化社会です。
病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、総合病院利用者も増加して、訪問看護師もますます大変になっています。
厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった訪問看護師もいます。

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、総合病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに訪問看護師の需要は高まっており、訪問看護師にかかる心身の負担は大きいです。みなさんご存知のように、訪問看護師の休日については働いている職場で違うのです。

とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも珍しくありません。

別の見方をすれば、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。24時間対応が求められることの多い、訪問看護師という仕事の勤務時間についてですが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。
例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、訪問看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。私が訪問看護師になった理由は中学の時の職場体験で、私は介護施設へ訪問しました。
その時、そこに勤務している訪問看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。

大人になって仕事に就くならあんな仕事をしたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は訪問看護師として勤務する毎日です。

楽しいことばかりではありませんが、毎日が充実しています。

色々とある中で、訪問看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、また訪問看護師に戻れるという点です。

これはなぜかというと、訪問看護師が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。

職場を移りたい、と考える訪問看護師は意外なほど多いようです。慢性的に訪問看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。
今いる職場において、そこでの給料が相場より遥かに安かったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、訪問看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。

今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。注目を集めているマイナビ訪問看護師は、離職率が高くない求人の情報、職場環境の良い転職先を紹介してくれますので、転職後の職場で楽しく働いている人が多いようです。
あと、担当するコンサルタントの人も医療に詳しいので、自分が希望する条件の細かいところまでわかってくれて、その希望条件に見合う勤め先を見つけてくれることでしょう。訪問看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業しなければならなくなることが多いです。

しかし、多忙を極めていてくたびれている時でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。少し前まで愚痴を言っていたような人が打って変わって笑顔になるのです。
訪問看護師はさながら女優だなと感じます。ハードさで知られる訪問看護師の仕事です。そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。
二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどんどん疲れていって、腰痛や頭痛に苦しむことになり、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。訪問看護師の人が転職に思い至ったケースでは、現在の仕事をやりながら転職先を探すこともあるでしょう。

そういった時、離職しないままで、自身で次の職場を見つけるとなると、時間がなくて落ち着いてゆっくりと情報を調べることができないなどのケースも出てきます。
そこで、訪問看護師の転職サイトを用いると、自分自身の要望とマッチした勤め先をみつけられますから、利用価値があります。医療のスペシャリストである訪問看護師が必要な施設というのは、クリニックや総合病院の他にも存在します。
グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても訪問看護師の活躍が期待されています。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。

特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。
訪問看護師の転職を上手にやってのけるには、今後のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。加えて、何を決め手とするのかを思い定めておいた方がいいでしょう。近い未来どうなりたいのかをハッキリとして、今後の動向に合った転職先のデータを少しずつ寄せ集めてください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も念頭に置いておきましょう。
総合病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中の准看護師にとっては大きなメリットです。それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。

忙しさの度合いについては、総合病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
どんなスキルが必要になるか、ということもどんな総合病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。よくいわれることかもしれませんが、訪問看護師の転職の極意は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。
それに加え、3ヶ月程を使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。急いで転職してしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。

ですので、自分の中で条件を明確にしておきましょう。
訪問看護師が転職を考えると、ハローワークで検索したり、求人情報誌などを使って他の総合病院を探すのがありふれた光景だと思います。ですが、注意が必要なのはこれらのところで求人する総合病院は少数派です。
公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける総合病院は働く条件、職場の雰囲気が悪くスタッフが集まらない総合病院であることも多いです。看護士の募集はいくらでもありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。
看護資格をお持ちの方で就職さえできればそれでいいやと思われる方は少ないでしょう。
できることなら高賃金で職場環境も良く、夜勤無しのところで働きたいと思われる方が多いです。
希望に添った形で転職するには、情報収集が鍵を握ります。あなたは「訪問看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、好印象を持つ人が大半でしょう。

けれども、訪問看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、なかには夜勤や長時間残業の訪問看護師も多くいるのです。

肯定的側面を見るだけではなく、現実問題として訪問看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。
看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには記載されていないケースも多数あります。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることもできます。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを依頼することも可能です。皆さんご存知のように、訪問看護師は離職者が多い職業ですので、どうしても転職率も高い数値になります。
このような傾向から、転職サイトの中でも訪問看護師専用のものが増えつつあります。専用の転職サイトなら、もっと簡単に希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない訪問看護師にはぴったりですね。
複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。一般に、訪問看護師は医師からの指示で医療行為を行う場合が多いですが、単純な医療行為ならば、医師の指示を受けなくても行うことが可能です。それなので、老人ホームやその他の福祉施設に訪問看護師の人がいれば、心強いと思われます。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks