自分に合った転職先を発見する

訪問看護師の方が転職するときに自分が願う職場の具体的な条件が全く想像できない場合もあるでしょう。

そんな場合、求人情報の数が多い訪問看護師転職サイトを利用する方が、自分に合った転職先を発見することができます。

訪問看護師には、男であってもなれるかを調査してみました。訪問看護師は女の方が圧倒的に多い職業ではありますが、男性訪問看護師もいます。

男の患者の場合、女の訪問看護師の世話を受けるのが照れくさいと思うこともあるでしょう。そのような時、訪問看護師の中に男性がいるととても喜ばれるでしょう。
准看護師は病棟の同僚とパーッと飲んで騒ぐことがあります。人手が足りていないので、全員出席することはなかなかありませんが、都合を合わせてどんちゃん騒ぎに参加します。

こんな患者さんがいた、こんなドクターがいた、と話は尽きないので、言いたいことがたくさん言えて飲み会はとても盛り上がります。

昨今は人手が足りない上に高齢化で総合病院に来る人が増加した影響で、訪問看護師の1人当たりの仕事の量が多い傾向があります。

忙しいのをなくすために、人手不足の総合病院にそこまで忙しくない別の総合病院の訪問看護師を派遣し、多忙の負荷を軽くして、素早い患者への対応を念頭に置いているのです。

一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる訪問看護師長の仕事と言えば、看護部長をサポートしたり、訪問看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職といっても年収も企業によって違うように、訪問看護師の収入も、勤めている総合病院の大きさで違ってくるのです。

そのほかの影響として、公立総合病院と民間総合病院、地域の格差等が影響しています。

稼ぎの良い公立総合病院に勤めるケースでは750万円位だと想定されます。
訪問看護師は、医療機関にとっては欠くことのできない貴重なスタッフでしょう。であるのに、訪問看護師の待遇は特に良いとはいえません。

訪問看護師は夜間の勤務があったり、休暇がそれほど多くないなどの辛いことがたくさんあって、支払われる給料の金額は、世間で言われるほど高くないでしょう。

多くの看護婦が退職してしまうのも、当たり前でしょう。

訪問看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの訪問看護師さんに感動したのがきっかけです。将来的にはあんな仕事をしたいと思って看護学校へ進み、晴れて訪問看護師になりました。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、おおむね満足した日々を過ごしています。
職場にもよりますが、訪問看護師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。

人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。

どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をする等々、そんな訪問看護師なら確実に給料は、通常より相当、高いものとなっているはずです。訪問看護師がする仕事内容は、外来か、または、入院病棟かによって、そして、個人総合病院などの小さい総合病院なのか、総合総合病院なのかによっても、違ってきますが、ご病気の方や怪我をしてしまった方のお世話をしたり、看護をするのが主となる仕事内容です。患者さんが心安らかにして治療を受けるために、大切なのが、訪問看護師だといえます。
総合総合病院から介護施設まで訪問看護師は様々な場所で求人がありますが、訪問看護師の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。
実際に保育園で働くとなると、子供好きの訪問看護師には、ぴったりの職場でしょう。

仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切な仕事です。
総じて訪問看護師の職はハードワークだと言われますが勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
具体例として、二交代制の総合病院勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。労働時間が長いということも訪問看護師として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。
よく言われているように、訪問看護師というのはとてもきつい仕事です。
勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も訪問看護師が行います。いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に准看護師コールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいに忙しい日もあるでしょう。訪問看護師が転職する際の要領としては、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

それに、3ヶ月ぐらいは使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。
気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の希望に合う仕事を念入りにチェックしましょう。
このため、自らの条件をハッキリさせることが重要です。
私の叔母である人が、ようやく離婚をして地元に帰ってくることになりました。しばらくぶりに会った私の想像よりも叔母は元気そうで、「私は訪問看護師をしているのだから、どんな時でも仕事に困ることはない。
あんな男といなくても生きていけるわ」と強がりではなく、笑っていました。

他の仕事と違い、訪問看護師が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。

勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。
しかし、ともあれ働き続けていられるということは、訪問看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。
ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。治療の補助や患者の各種ケアなど、訪問看護師の業務は多岐に渡り、もはや訪問看護師なしの総合病院などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。24時間いつでも稼働している総合病院が職場ですから、訪問看護師も24時間、とぎれなく勤務します。

そういう訳で、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代で勤務することになっています。こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければ充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。日本全国の総合病院等では、長い間ずっと訪問看護師不足の状態が続いています。
そのため、就転職に関して訪問看護師はカンペキに売り手市場だと説明できます。訪問看護師資格を保有していれば、自分の希望条件や適正に合った職場を比較的簡単に選択することが可能です。訪問看護師の平均賃金は、激務の割に、それほど高額ではないのが実態であるようです。
いつもよりよい月収を支給してくれる勤務先を志望して転職のために活動している人がいるのです。月収が良い総合病院は、やはり人気でめったに求人が出ないので、転職希望者によっては、訪問看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている人もいるようです。
訪問看護師がうまく転職するには、これからのことを考えて早めに行動することが肝要です。

そして、何を重視するのかを考えておきましょう。

これからどうなりたいかを明確にして、そのイメージに合った転職先のデータを少しずつ収集してください。収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も頭に置いておきましょう。訪問看護師からすればお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは困難な問題といえます。

可能な限り、総合病院で働きたくても、育児をこなしながら訪問看護師の職責を果たすには、色々な困難が生じてしまいます。
訪問看護師も育児もこなすのは個人の問題としてではなくやはり、医療全ての課題として試していく必要がある思います。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks